セキュリティ

長引く不況のせいなのか、道徳心の低下なのか、不逞外国人の増加に因るものなのか、理由は様々あるのでしょうが、最近盗難事件が組織化され、グループで計画的に盗んでいくケースが増加しています
単独犯による空き巣はやや減少傾向にはあるようですが、より大掛かりな手口による犯行は増加しています。

警備保障会社に加入することも出来ますが、コストの制約等もあり簡単にはいかない
そこで市販民生品を利用して各々が独自の対策を打つ事も視野に入れていくべきではないかと考える。

テクノロジーの進歩により、低コストでもスパイ映画っぽいセキュリティ対策が可能な時代となりつつある 。

怪しい人影を検知しモバイル端末に警鐘をならしてくれる。
人影の正体が何であるかを画像データとして送信してくる。

ネットワークのセキュリティ対策

ファイル交換ソフト、ウイルス、スパイウェアなど様々な経路で、データ流出が問題化しています。

また心無い社員によるデータの持出し・転売は時代を追うにしたがって増加している。
顧客データなどは、いかがわしい商売のマーケティングにおいて重要なデータとなる。

企業として社内のデータ管理体制を今一度見直す必要があります。