絡まった線の実例

パソコンを設置してある机の下(1)は多かれ少なかれ電源線や、液晶信号線、電話線、LANケーブルなどが入り乱れています。

写真(2)では電話線の分配装置がここにあり、INSのモデムとLAN線が絡まっています。

 

(1)パソコンの下
(2)電話線ともつれている

 

 

よくあるぐしゃぐしゃ配線の典型です。

長すぎる線はキチット丸めるか、切断短くします。再度カプラー、コネクターを付け直す必要があります。

 

それなりに整理してありますが、コンセント類が床に置きっぱなしというのがよくありません。スチールラックの柱に固定すれば良くなります。

モデム、ルーター、HUB等のAC電源アダプターが大きくてコンセントスペースをとります。これらをうまくまとめるには

 

 

 

ACアダプターをそのまま挿せるコンセント(タップ)を用意した方がいいです。ケーブル長も50cm、1m、2m、3m・・・長くしすぎないように用意します。

このように、ちよっと延長タップなどを工夫したりするときれいにすることができます。
ただ、本格的にやるには、一度配線をすべて抜いてやる必要もあり、専門家にまかせましょう。

<参照>
自分で配線整理するならこちらを参照⇒配線整理、ぐしゃぐしゃ配線をスッキリまとめる

 

配線整理・電源マネジメントはLLP リプレイスにお任せください

配線整理3000円からLLPリプレイス 電話 06-6776-8862
メールでの連絡⇒こちら