配線整理・IT整備

配線整理、オフィスの片付け

オフィスを片付けて整理整頓しょうと思っても、コードや配線がぐしゃぐしゃになっているとどうしようもありません。

見えない場所ならともかく、すぐ目に入る場所ですといつもいつも気になります。

見た目にうっとおしいだけでなく、火災などのトラブルも心配です。

1台のパソコンでも、パソコン電源ケーブル、USBケーブル(複数)、LAN、キーボード、マウスケーブル、液晶電源、Dサブ(DVI)ケーブル、オーディオ、同軸ケーブル・・・とにかく線だらけです。

オフィスの机の上はさらに携帯・スマホの充電、電気スタンド、電話線など、メンテナンスしないでしばらくすると間違いなくぐしゃぐしゃになってきます。

 

ブレーカーが落ちる?

もっと問題なのは、一つのブレーカ回線に規定容量以上の電気を使うとブレーカーが落ちることです。
コンセントは別々にとっても壁の中で繋がっていて、一つのブレーカーから出ています。

下図のような状態で、問題になるのがコピー機・複合機、冷蔵庫、電気ポット、電気ストーブ、そして電気掃除機です。

きっちりした屋内配線図があればいいのですが、無い場合はブレーカーを一つづつ落としながらどのコンセントに繋がっているのかテスターで計測します。

 

こんなブレーカーボックス、配電盤が部屋のどこかにあるはずです。

 

 

 

 

パソコンに使う系列とコピー機・複合機、冷蔵庫、電気ポット、電気ストーブ、そして電気掃除機などはブレーカー段階で別にする必要があります。うまく再配分すれば特別な工事は不要で、安心してパソコン使えるようになります。
電源マネジメントはとても重要なのです。

瞬断でパソコン壊れます

起電力といって、複合機が動き始める時や電気ストーブのサーモが入った瞬間、電気掃除機のスイッチ入れた瞬間にはスゴイ電力が流れます。

すると瞬間だけ電圧が下がります。瞬間的な停電と言った方が正しいのです。これを瞬断(しゅんだん)と言いますが、計測すると見た目100V→80V位まで下がります。

 

電灯だとチラッとする程度、パソコン使っていても落ちたりはしません。気がつかないことの方が多いでしょうが、ディスクで書き込みしている瞬間、CPUで演算している瞬間電気止まりますから、誤動作したり知らずしらずにディスクトラブル起こります。

これを繰り返すと、目立った現象としてはWindows内部構造が壊れ、パソコン動作が極端に遅くなったりします。

電気掃除機はパソコン系列でないコンセントから使うべきです⇒電源マネジメント

配線整理は誰に頼んだらいいのか?

配線整理、どこに依頼するか難しいのです。整理するためにはケーブルを外して行うのでパソコンの専門知識が必要です。長すぎる線は切ったりしますからそういう工事の専門技能も必要です。ビジネス電話線の知識も必要です。

 

配線整理・電源マネジメントはLLP リプレイスにお任せください

配線整理3000円からLLPリプレイス 電話 06-6776-8862
メールでの連絡⇒こちら

 

ページの先頭へ